こんまりさんの洋服の断捨離方法を1年間試してみたけど、成功したこと、失敗してしまったこと

こんにちは、あきんこです。

今回は、ミニマリストを目指す私が、『こんまりさんの洋服断捨離を1年間試してみたけど、成功したこと、失敗してしまったこと』です。

 

断捨離のきっかけは、こんまりさんの本

私は、断捨離しようと思い立ったきっかけの本は、近藤麻理恵(コンドウマリエ)さんの「人生がときめく片付けの魔法」を読んで、素敵なワクワクしたものに囲まれた人生を過ごしたいと思って片付けました。

その本には、洋服はドキドキときめく着たいとすぐに思える服を残しましょう。

また、洋服は自分のクローゼットに入りきるくらいの量にして、後は捨てましょう!とありました。

私は、去年これを早速実行してみることにしました。

 

ドキドキときめく洋服はそこまで多くない

 

断捨離するときは、一着、一着手に持って、自分の心に問いただします。

「着たい?着たくない??」

私は、着たいと思った服だけを残しました。
そしたら、かなりの服を捨てることができました
去年着ていなかった服はもう捨てて良いという服です。
去年着たくなかったということなので。

 

洋服はクローゼットに収納できる量に

私は早速、クローゼットに収納できる量だけの洋服を選びました。

私のクローゼットと言っても、ニトリで購入した白いプラスチックの5段の引き出し1つです。
(うち1つの引き出しは夫用)

それから、ハンガーをかけられる1メートル弱程度の収納場所があります。
なので、洋服を収納できる場所は平均レベルよりも少ないと思います。

そのスペースに下着・肌着・タイツ・仕事着・休日着など全て収納するのです。

オールシーズン分(冬服、夏服全て含め)を収納します。

これだと衣替えなどは不要になります。

コートはよく着る分だけを厳選して残す

 

コートって、すごく寒い時に着るダウンと、普通のコート、春でも着れる少し薄めのコートがあれば、ほとんど事足ります。

ただ、それだとワンパターンのばかりになるので、少しカラー色などのおしゃれコートも手元に残しておきます

 

全ての収納をクローゼットにIN!結果は・・・

これにて、洋服の断捨離を終えた私。1年くらい様子を見てみることにしました。
クローゼットの占める割合としては、冬服の方がどうしてもかさ張るので、冬服7:夏服3で冬服の方が多かったです。

服の出し入れがしにくい

全ての収納をクローゼットにINした結果、小さい収納スペースに詰めすぎていて、服の出し入れがすごくしづらくなってしまいました。

なので、洋服を出し入れするのが少し億劫になりました。
押しこまないと入れられなかったり、服の場所の調整をしたりしないと綺麗におさまらず、
急いでいる時の一時置き場をつくってしまうことになりました。

 

あきんこ
少し服が散らかしやすくなってしまいました。。。

 

冬服を夏に見たくない・・・

 

また、夏の時に冬服やコートがかかっているのを見ると、すごく暑苦しい気持ちになって、クローゼット自体に入るのがあまり楽しくなくなりました。
断捨離の方法は良かったけど、洋服の収納を全部まとめるのは良くなかったです。
結局、私は、従来の収納方法通り、夏と冬とで大きく分けて季節に応じて収納することにしました。
ちなみに春・秋服は薄着が多い夏服と一緒にすることで、衣替えを1年に2回と極力少なくすることができました。

衣替えって、私にとっては結構手間がかかる作業なので、回数が減らせるのはすごく良いことです。

 

まとめ

 

洋服の収納場所ということで、私の収納場所は1LDKなのでかなり狭い部屋です。

その中で限られたクローゼットしかないので、洋服を極力少なくするということは絶対です。

ただ、いつも出し入れするクローゼットは、モノをパンパンに入れない方が、日々生活がしやすいということで、
日々使うものと、今使わないものとで場所を分けることで、片付けしやすい環境を作ることができました。
本当にときめくモノだけに囲まれたいですね。

参考記事『1LDKの狭い部屋だと片付け楽チン♪共働きDINKSだと狭くて充分!~ミニマムリストの道~

参考記事『見渡せば不要なものばかり!?不要な物10個!~ミニマリストの道~

スポンサードリンク

関連コンテンツ

お役に立てたら、応援・シェアしていただけると嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。