つみたてNISAに関する金融庁が開く「第三回 個人投資家の意見交換会」に行ってきた

こんにちは、あきんこ(@AKI2016free)です。

 

先日、金融庁が開く、2017年1月に制度開始する「つみたてNISA」に関する「個人投資家の意見交換会」に行ってきました。

金融庁の開催目的

 

金融庁主催のつみたてNISAに関する個人投資家の意見交換会というのは、何度か開催されています。

実際に行ったら資料は配られただけで、資料の説明はほとんどなく、どちらかというと運用会社側からの話や、質疑応答の時間が多かったです。

 

あきんこ
資料の内容は読めば分かるしね

 

私が感じる金融庁の今回開催する目的については次のように感じられました。

  1. 新しい「つみたてNISA」を成功させるために、より多くの人に浸透するように宣伝したい
  2. 「つみたてNISA」に関する個人が感じる意見などを今後の施策内容や制度の打ち出し方に使うためのマーケティング

 

1.新しい「つみたてNISA」を成功させるために、より多くの人に浸透するように宣伝したい

日本国民の投資率が低く、たんす預金など眠っているお金が沢山あることが、金融庁の大きな課題でもあります。

日本国民の眠るお金を掘り起こして、経済の活性化させ、市場を成長させるためには、多くの人に投資に興味をもってもらい、新しい「つみたてNISA」を活用してほしいという気持ちがあるようです。

ただ、今までもNISA(少額投資非課税制度)が2014年にできたり、2016年からジュニアNISAの制度ができたものの、総口座1069万口座に対して、積立による利用数は、1割も満たないという結果で、浸透していないという状況です。

金融庁の中では、今までの取り組みと同じことをしていては、一般の方たちに広まっていかないだろうと思っており、金融庁が今までやってこなかった個人投資家を呼んでブログやSNSで広めてもらおうとしているのだなと感じました。

 

あきんこ
確かに自分の周りでNISAという会話をしたことないし、話が出たこともないです。そもそも税金のことに関心ある人もいるのかどうか。
ぴよぽん
若者はテレビや新聞離れもあるから、違った宣伝が必要だよね

 

↓NISAと新NISAの違い

【投資初心者必見】徹底比較!2018年に開始される積立NISAと現行NISAの違いは!?

2017.04.23

この新しい制度の「つみたてNISA」は、お金がなく、時間がある若者にピッタリの制度なので、若者向けにアピールしていきたい制度なのかと思います。

 

ぴよぽん
今の若者が将来年金をもらえる金額はほぼ少なくなるだろうしね・・・

 

「つみたてNISA」に関する個人投資家が感じる意見などを今後の施策内容や制度の打ち出し方に使うためのマーケティング

 

今回、色々と金融に詳しい人達が集まっているので、全く知らない知識がない人の意見とは違うところですが、「つみたてNISA」に関する個人投資家が感じる意見を、今後の制度の内容であったり、制度を一般に公開する際の打ち出し方をどうするかなどのマーケティングとしても使われているのかなと感じました。

ただ、金融庁や行員が今回の新しい制度に向けて、期待していることは、今運営している投資家ではなく、全く投資をしたこともない人たちに投資をしてほしいということでした。

 

あきんこ
今回参加している人たちは、金融知識があって、既に投資している人たちだから、実は大きなターゲット層ではないんだよね。

 

参加していた運用会社

 

  • 野村アセットマネジメント
  • 大和証券投資信託委託
  • レオス・キャピタルワークス
  • セゾン投信
  • ニッセイアセットマネジメント
  • ブラックロック・ジャパン
  • 三菱UFJ国際投信

 

あきんこ
大手の社長や取締役など偉い方々がずらり!

 

ぴよぽん
各社が今後の強い想いをトークする熱い場!

 

それでは、トークや質疑応答の中で、気になった点をあげてみます。

 

各社、20年の長期期間に渡って長く愛されるファンドを作っていきたい

 

各社さん、口を揃えて言っていたのが、20年という将来に選んでもらえるファンドを作っていきたいということでした。

新制度開始に従って、戦力となる商品を検討しているようでした。

野村アセットマネジメント社、三菱UFJ国際投信社

一般の知識ない人にも分かりやすいシンプルなパッケージ商品を出したいと言ってました。

あきんこ
金融商品って、分かりにくいし取っつきにくいから、分かりやすくシンプルっていうのが一般向けにはまず大事だよね。

 

レオス・キャピタルワークス社

ひふみ投信が有名です。ここの藤野社長は、創業した時の話をしており、自分が始めたファンドが無くなっていくことが嫌で長く愛されるファンドを作っていきたいと、熱い想いを話されていました。

 

セゾン投資社

中野社長は、創業以来の2つのファンドから変えていない。直販にすることで、お客様にダイレクトにコンタクトがとれ、良い資金を集めることができていると自負していると話されていました。また、12.5万人中、7割が積立されているそうです。

あきんこ
積立率、高!!!

 

ニッセイアセットマネジメント社

今後、純資産総額が増えれば、お客様に還元していきたいと思っているが、信託報酬を引き下げを毎年やるというわけではなく、他のことでも還元を考えていると話されていました。

 

ブラックロック・ジャパン社

ETFに力を入れている唯一の外資系の企業です。今回の制度について、新しい資産家のテクノロジーだと熱い想いを話されていました。

 

 

ETFも対象となることで、S&P500をベンチマークとした対象商品は出るのか ?

私も最近、気になっているETFのS&P500。これに連動する金融庁の要件を満たす商品については、野村アセットマネジメント社も大和証券投資信託委託社もセゾン投信社も可能性ありと回答していました。

ただ、実質的にコストを考えてからという慎重さの姿勢でした。

あきんこ
新しいファンドを運用するということは、相当な初期投資のコストがかかるんだね

 

アクティブファンドが長期つみたてNISAに合っているのか

 

レオス・キャピタルワークス社が回答した内容は、日本企業の株は、3分の1が腐っているので、腐っている株を除去していくのがアクティブ投資のメリットだと思っていると回答されました。

 

 

夫婦割りなどはないのか?

 

女性の方が質問した内容ですが、夫が投資に全く興味ないので、夫婦割りなどの制度があると良いというご質問でした。

あきんこ
私も夫婦割りとか思ってましった笑。

 

ぴよぽん
女性らしい発想だよね

セゾン投信の中野社長は、一物一価を大事にしたいと思っており、みんな平等に販売したいと思っているので、旦那さんもぜひ、セミナーに連れてきてください。そうすれば買いたいと思われるのでと流石のトーク切り替えしでした。

 

金融庁の意見交換会の全体的な感想

 

各社のお偉いさんや、金融庁、そしてロイターの記者さんがいらっしゃっており、

あきんこ
すごい会だったなぁ・・・

と、ただただスゴイなという感じでした。

私は、ブロガーさんの周知で参加させていただいたのですが、中々一般の方がくるには金融庁というだけで、敷居が高いのかなと思いました。

 

また、次回、販売会社さんを呼んで開催されるそうなので、興味ある方は貴重な機会なので、ぜひ、オススメします。

虫とりの小僧さんブログ より情報が発信されます。

ちなみに、この金融庁の意見交換会ですが、内部で偽金融庁と名乗っている人が変なセミナーをやろうとしているよと、告発があったそうです。

あきんこ
内部の人だったら、余計金融庁はこんなことしないよ!って、信じられない気持ちだよね。

↓新しいつみたてNISAと現行NISAの違いについてです。

【投資初心者必見】徹底比較!2018年に開始される積立NISAと現行NISAの違いは!?

2017.04.23

↓インデックス投資について初心者向けという記事です。

インデックス投資とは?初心者でも上級者でも同じパフォーマンスを維持できる投資手法

2017.06.21

 

↓家族を説得しやすいインデックス投資です。

投資反対家族を説得しやすいパパさん向け投資!インデックス投資の説得できる要素を整理してみた

2017.04.24

 

 

 

スポンサードリンク

関連コンテンツ

お役に立てたら、応援・シェアしていただけると嬉しいです!

2 件のコメント

  • 夫婦割ときいて、そういえば、たとえば積み立て上限が2倍になるような夫婦口座がめっちゃほしいわ!と思いました。
    銀行口座もいいかげん夫婦口座認めてほしいと常々おもっております。

    今回も素敵なわかりやすい記事ありがとうございいます。

    • ぽてとまとさん、ありがとうございます!!

      夫婦割り、夫婦にとってはありがたいですよね~(^◇^)

      でも、確かに不平等か。。。  うれしいコメント、ありがとうございます。これからもよろしくお願いします♪

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。