【投資初心者必見】徹底比較!2018年に開始される積立NISAと現行NISAの違いは!?

 

こんにちは、あきんこです。

 

2018年1月より新しい制度として新積立NISAが始まります。

 

あきんこ
実は、現行のNISAは5年の制限があることによって、入るのを躊躇していました。

 

 

でも、新しい積立NISAは20年ということで長期間になるので、若者向けの制度となっています。

 

ぴよぽん
今回、新NISAと現行NISAの違いについて整理したよー!

 

 

新積立NISAと現行NISAの違いを比較しました!

比較表

新積立NISA 現行NISA
非課税で

運用が
できる期間

20年間 5年間
(ロールオーバーを利用して最大10年間)
非課税枠 40万円まで

(1年)

120万円まで

(1年)

投資できる

商品

投信、ETF

のみ
(但し対象商品の条件に限る)

株、投信、

ETFなど

 

 

非課税の運用できる期間が変わる

 

細かく見ていきます。

非課税で運用できることがNISAのメリットです。

 

この非課税で運用できる期間が現行NISAは5年に対して、新積立NISAは20年と4倍も長くなりました。

 

これは、国が若者も早く投資をしなさい!というメッセージです。

 

ぴよぽん
年金が期待できないので、国民一人一人にきちんと自分で老後の資産形成をしてほしいという意味!

 

 

今まで5年だったので、ある程度年齢が上の方も現行NISAの恩恵を最大限受けることができました。

 

でも、20年と長期的な新しい制度は60歳の方に向かない制度となってしまいました。

 

ただ、若い人には良い制度となっています。

 

今までは、基本5年で今後成長するかもしれない金融商品を部分的に売却する必要がありましたが、20年であれば、長期的に良いタイミングを見て売却することができるスパンが長くなります。

 

1年間の非課税額が変わる

 

1年間に可能な非課税の額が変わるので、少しの額をコツコツ積み立てるのであれば、新積立NISAが向きますが、一気に大きな額を投資したい方には、現行の制度が向いています。

 

但し、最大非課税額が変わります。

新積立NISAの場合は、40万円×20年間で最大800万円の非課税額が適用されます。

 

現行NISAの場合は、120万円×5年間で最大600万円の非課税額が適用されます。

 

 

対象の商材が変わる

 

現行のNISAは、株、投信、ETFなどの幅広い商材が対象だったのに対して、

 

新積立NISAは、投信とETFのみとなっています。

ETFと、“Exchange Traded Funds”の略で、「上場投資信託」と呼ばれます。ETFは、インデックスファンドが金融商品取引所に上場しているようなイメージの金融商品です。 ETFもインデックスファンドも運用の目的は同じで、指数の動きに連動する運用成果をめざす、指数連動型の投資信託です。

 

しかも、その中でも限られた商材となるので、対象商品は、投信全体の中でも1%以内の50本前後というわずかな商材になります。

 

新積立NISAの対象商材は、長期投資型を目標とする、毎月分配型ではなく(複利効果が享受できる)、信託期間が一定以上ある商材となるそうです。

 

ぴよぽん
まだ詳しくは発表されてないよ!

 

あきんこ
金融機関もそれに向けて新しい商品を沢山作りそうだね!

 

ぴよぽん
選択肢が沢山あって、金融会社が切磋琢磨して良い商品にどんどん厳選されていくのは良いことだね!

 

新積立NISAと現行NISAは併用できるのか!?

答えは、NOです。

併用できないので、どちらか毎年選択してかなければなりません。

 

ただ、現行NISAの制度が使えるのも2023年迄です。

 

どちらにしろ新積立NISAに移行していかなければならないので、移行タイミングを見計らうのは大事ですね!

まとめ

 

私は、5年というネックがあり、今までNISAを使いませんでしたが、新積立NISAの制度が始まったら、20年間コツコツ積立用に活用しようかなと思います。

 

本当、微々たる金額かもしれませんが、20年間という長いスパンでのチリ積効果を狙っています!

 

スポンサードリンク

関連コンテンツ

お役に立てたら、応援・シェアしていただけると嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。