社宅制度があるのに使わない人が意外と多い!?社宅を利用しようか考える*社宅のメリット・デメリット*

「社宅ってなんか嫌だな」

「プライベートと仕事のオンオフがなさそう・・・」

 

など、あまり良いイメージがないように思える社宅制度。

私の会社にも社宅制度がありますが、使っている人はわずか1割もいないくらいです。

今回、社宅制度を利用するメリットとデメリットについてまとめてみました。

社宅とは?

社宅とは、会社が従業員に対して相場よりも安い賃料で住宅を貸与する制度です。

 

社宅の種類は、次の3つです。

 

業務上住宅

 

工場などの作業やある一定期間の研修により、必ず入居しなければならない住宅です。

 

福利厚生住宅

福利厚生の一つとして、設けれられている住宅です。

会社員の満足度、生活の質を上げるためを目的とした制度です。

 

転勤住宅

全国転勤がある会社に多い制度で、業務上、転勤を命じられたときに従業員の精神負担や経済的負担を軽減するための制度です。

 

あきんこ
一言に社宅と言っても会社の目的はそれぞれだね!

 

賃貸で住宅手当の制度を使っている我が家

 

あきんこ家は、現在都内の賃貸住宅で暮らしていて、会社から住宅手当をもらっています。

アラサーDINKS女性が「マイホーム」と「賃貸」について考える*ブロガーコラボ企画*

2017.08.15

 

ここにも書かれている通り、私はマイホーム購入は考えてなく、今後も賃貸で暮らす予定です。

あきんこ
ただ最近、制度見直しもあったことから、社宅を使うことも考えてます。

 

ぴよぽん
今回は、福利厚生住宅の要素でメリットデメリットを整理するよ!

社宅のメリット

 

住宅費が安くすむ

なんといっても大きなメリットはお金です。

 

衣食住と人間にとって不可欠なモノのうち、一番支出の占める割合が大きい「住」を安く済ませることができるのは、大きな利点です。

 

特に都心だと一人暮らしの場合、家賃が10万円というのも珍しくありません。

 

 

これが1万円~3万円程度で住めるとなると、その分、投資や貯蓄など、他のことにお金を回せます。

 

あきんこ
毎月7万円投資できれば、大きな差がつくね! 

 

 

例えば、毎月7万円を10年間積立投資し、平均5%の収益だった場合、

10年間で1084万円、

20年間で2800万円もの金額になります。

あきんこ
複利効果を合わせるとすごいね!

 

ぴよぽん
お金を貯めたい人は使うべきだね!

 

あきんこ
私の知人は、社宅でお金をため、代官山に家を現金一括で購入したツワモノも・・・ 

 

住宅手当に比べて所得税、社会保険料が安くすむ

あきんこ家が会社から支給されている住宅手当は、額面の年収に含まれてしまいます。

 

つまりは、住宅手当も含まれた年収額に応じて、所得税と社会保険料が算出されます。

 

あきんこ
社会保険料はまだ良いとして所得税で取られるのはなんかなぁ~・・・

 

ぴよぽん
実際に家賃で消えている手当だからね

 

だけど、社宅であれば、自分が支払う費用は会社から給料などから天引きされます。

 

つまりは、実質はもらえている給料・手当ー家賃分=額面の収入

となるため、額面の収入は家賃が引かれた額となり、安くなります。

 

額面の収入が安くなれば、所得税・社会保険料が少なくなるということです。

 

あきんこ
社宅の方が経済的にお得だねぇ~

社宅のデメリット

 

それでは社宅のデメリットについてもあげてみます。

 

住みたい場所・間取りが選べない

基本的に住みたい会社の持っている社宅に入るため、場所や間取りは決まっています。

 

その点、住宅にこだわりがある人にとっては厳しいと思います。

 

あきんこ
社宅って昔企業の税対策で作られた名残もあり、古い建物が多いんだよね・・・

 

ぴよぽん
勤務地からなぜか遠い社宅の場合もあるから注意!

 

同じ会社の人たちが隣人となるため、プライベートのオンオフが難しい場合がある

一人暮らしであれば、周りに年代が近い先輩や同期がいて楽しいケースもあります。

 

あきんこ
私の夫は新入社員の時、独身寮だったけど、同期ばかりで楽しそうでした

 

 

ぴよぽん
周りに会社以外の友達がいない場合は心強いね! 

 

 

あきんこ
逆に社宅に入っている上司は、割り切っていたから、一切隣人付き合いはない人もいたよ

 

 

年齢制限がある

 

会社の制度によるのですが、会社によっては、収入が少ない若者を対象とした制度で、40歳くらいになったら出ていきなさいなど、年齢制限があるケースもあります。

 

 

あきんこ
そこまでにお金を工面しなきゃだね・・・

 

最近では、企業が社宅を手放し、借り上げ賃貸が増えている

 

私の会社もこの制度を導入し始めていますが、最近、企業は、社宅を手放す傾向が強まってきています。

 

理由としては、

  1. 社宅を保持することによって、固定資産税や修繕費・管理費などが発生するという経済負担軽減
  2. 社宅を利用したいという人が減ってきている

 

という点が挙げられます。

 

昔ながらの古い社宅のため、修繕費と管理費のコストが上がってきています

 

また、古い社宅で会社の人たちが沢山いるということから、若い世代が入りたがらなくなっている傾向があります。

 

なので、企業はお金もかかるし、社員も入らない社宅を手放し、必要な時に必要な場所で借りれる借り上げ社宅制度に移行することが多くなっています。

 

 

この制度だと、同じ会社員でも同じマンションでない場合もあるため、プライベートも確保しやすいです。

 

また、場所も比較的良い場所を抑えてもらえたりすることもあります。

 

あきんこ
借り上げ社宅を導入する企業が本当東京は多いです。

 

まとめ

 

 

社宅のメリットは、圧倒的にお金が貯まりやすく、資産形成しやすいというのがポイントです。

 

半面、デメリットは住宅の自由がなくなり、同じ会社の人たちが隣人になるかもしれないというポイントです。

 

 

ぴよぽん
期間限定で利用するというのも一つの手だね! 

 

 

あきんこ
社宅、検討します!

 

 

▼不動産投資をやっている私の入居者は全部、企業の借り上げ住宅です。

マンション空室率を0%に近づける2つのコツ~私の所有物件からの経験~

2017.02.12

 

▼あきんこ家のマイホームと賃貸に関する考え方です。

アラサーDINKS女性が「マイホーム」と「賃貸」について考える*ブロガーコラボ企画*

2017.08.15

スポンサードリンク

関連コンテンツ

お役に立てたら、応援・シェアしていただけると嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。