「ケチ」と「節約」の違いは?!心の豊かさに繋がるお金の遣い方

こんにちは、あきんこです。

今日は、「ケチと節約の違い」についてです。

あなたはどういう人を見て「この人ケチだなぁ」って思いますか?

ケチってネガティブイメージですよね。

では節約はどうですか?

「あの人、節約上手だなぁー」ってほめ言葉で使われますよね。

「節約術」って大多数の方たちが興味のある内容だと思います。

ケチと節約の差について少し考えてみました。

私がケチだなと思うこと

  • お金に対しての対価を考えるのではなく、心の貧しさが表れる遣い方

 

  • お金がもったいないから外にでない

 

  • お金がもったいないから遊ばない

 

  • お金がもったいないから飲みいかないし、プレゼントもしない

 

 

最初に何をしたいかではなく、「お金がもったいないから」が先にきてしまう人をケチな人だなぁーと思ってしまいます。

あきんこ
もちろん生活苦で一円も遣えないという方なら分かるのですが

 

私が節約だなと思うこと

  • 目的や自分のやりたいことをまず考え、それをやるための工夫をすること

 

  • 遊びに行きたいからそのためにはどうするか?→クーポンを遣って割安で遊ぶなど

 

  • 飲みに行きたいけどどうするか→回数を減らしたり、一回あたりの単価を下げるか

 

  • 外に出かけたいけど、どうするか→お金がかからなくても楽しめる場所を探す。

 

  • 友達にプレゼントをしたいがどうするか→自分ができる範囲でのプレゼントを贈ったり、お金がかからない方法を考える(他の支出のやりくり)

 

  • 家族と旅行に行きたいから光熱費を抑えよう、外食を少し減らそう

 

私が節約と思うことは、価値をお金だけで考えるのではなく、やりたいことなどの目的があって、そのためにかかる費用をやりくりすることです。

 

ケチではないお金の考え方は?!

 

まずは、何のためにお金を遣うのかについて考えてみると良いと思います。

お金を貯めるだけでは、何もできません。

お金を遣って何をしたいか、何ができるかを考えていけば、意外とシンプルに自分がやりたいことが出てくるかもしれません。

 

あきんこ
節約が目的になってしまうと楽しくなくなってしまいます。。。

 

まとめ

ケチと節約の違いって結構紙一重な所もあり、マイナスなイメージにもプラスなイメージにも捉えられるものだと思います。

やりたいこと(目標)が先にくるか、お金が先にくるかの違いだと思いますが、その動機が大事だと思います。

お金の遣い方って、心を豊かにもするし、貧しくもするもの。

 

あきんこ
私はやりたいことのために楽しく節約をしていきたいと思います! 

 

スポンサードリンク

関連コンテンツ

お役に立てたら、応援・シェアしていただけると嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。