老人ホームの平均費用(東京)にビックリ!!年間120万円貯めて複利効果を利用して老後の資産形成すべし!

 

こんにちは、あきんこです。

 

今日、『老人ホームの高さにビックリ!!夫婦2人分と考えると、高くて入れないよ~!!』についてです。

これまた、近所を散歩していたら、新しく老人ホームができたので、ふと気になって料金プランを見たら発狂した話です。

子供に老後の面倒見てもらえない可能性がある!ので、老後の生活費を考えることは大事。

 

そもそもDINKSなので、将来子供がいない生活かもしれません。

また、子供がいたとしても、将来自分たちの面倒を見てもらえる保証はどこにもありません。

だから、将来の生活も考えることって大事だなと思います。

自分たちが元気だったら、普通の家で暮らせばいいのかもしれませんが、介護が必要になるかもしれません。

そうなった時の必要なお金を調べてみました!

 

あきんこ
ここまで考える必要ないんじゃない?と周りの方は言うかもしれませんが・・・

 

私の近所の老人ホーム(東京23区)の価格

 

綺麗な設備も整った老人ホームです。

一人当たりの料金プランを見てみると、

 

初期費用

100万円(非課税)

※敷金として払う。

月額費用

16㎡の1室の入居費 29万円

※「家賃相当額」「食材費」「管理費」込み

上乗せ介護費 9万円~15万円

※介護の種類により変わる

 

月額合計 約40万円~45万円

 

あきんこ
え~!!こんな高いの!!!!?

 

ぴよぽん
どちらかと言うと、マンション+介護付きという感じだね!

 

老人ホームの価格に驚いてネットで首都圏の平均価格を調べてみたら・・・

 

初期費用有と無しとでは、月額費用が違うようです。

 

初期費用有の場合

  • 初期費用1000万円
  • 月額費用20万円~25万円

 

初期費用無の場合

 

  • 初期費用0円
  • 月額費用30万~50万円

 

あきんこ
ということは、妥当な金額だったんだね。。。

 

やっぱり首都圏は高く地方は安い!

 

あきんこ
こんな高かったら、長生きするごとに不安になっていくよ~!!

 

気になって、全国の価格を見てみました。

 

そしたら、全国平均だと、

  • 入居費用 500万円
  • 月額費用 20万円

 

でした。

あきんこ
やっぱり老後は地方でゆっくりまったりライフが経済的にも精神的にも良いのかもしれない

 

ぴよぽん
都内は働く人達が住む場所だね!

 

あきんこ
でも、それでも良い値段するなぁ~・・・

 

夫婦部屋の老人ホームもある!

 

もし2人で老人ホームに入ることになったら、、、

そんなお金出せない!と思い、2人用の部屋の老人ホームも調べてみました笑

費用は、2人で入ってもあまり安くならず、1.5~2倍くらいの価格だそうです。

 

 

老人ホームに入るのにどのくらいの費用が必要か単純に計算してみた

 

算出根拠(2人分)

  • 入居費用 1000万円
  • 月額費用 30万円

 

最低でもこのくらいかかりそうです。

 

5年間の場合

 

入居費用1000万円+5年分月額費用1800万円=2800万円

 

10年間の場合

 

入居費用1000万円+10年分月額費用3600万円=4600万円

 

15年間の場合

 

入居費用1000万円+15年分月額費用5400万円=6400万円

 

20年間の場合

入居費用1000万円+20年分月額費用7200万円=8200万円

 

 

75歳で入って、長生きすれば20年????

 

何歳で入るかはその時の状況にもよりますが、

もし、75歳で入ったとして、95歳まで生きたら20年は必要そうです。

 

あきんこ
まあ、老人ホームに入ろうが入らまいが、生活費として必要になるね

複利効果で老後の資産形成をすべし!こんなにも差が出る!

 

8200万円なんて、簡単に準備できないよと思うと思います。

でも、実は、複利効果で35年間運用していれば、達成できない金額ではないことが分かります。

 

普通の貯蓄の場合

 

年間120万円を35年間貯金した場合、

120万円×35年=4200万円となります。

※今は全然利息がつかない時代なので、利息は考えず計算しています。

 

複利4%で運用した場合

 

年間120万円を35年間、複利4%で運用した場合、

1200000 ×(((1 + 0.04)^35 – 1)÷ 0.04) = 88,382,669円となります。

 

ぴよぽん
老人ホーム代はまかなえそうだね!

 

あきんこ
年間120万円なら、無理なく貯められそうです。

 

まとめ

 

今回、ぱっと老人ホームの料金プランを見て驚いたところから、老後のシミュレーションをしてしまいました。

でも、老人ホームに入ろうが入らまいが、生活費はかかります。

大体、8000万円くらいというお金が見えてきましたので、1つの目標として資産形成をしていかなきゃという気持ちが強くなりました。

早ければ早い分、複利効果の恩恵が受けられるので、投資は早めにですね。

 

↓ 会社員にオススメなほったらかし投資について紹介しています。

参考記事『会社員は長期的な『ほったらかし投資』が絶対にいい!投資と投機の違いは?!

 

↓ 私の投資の考え方について紹介しています。

参考記事『私の投資に関する3つの考え方

 

 

スポンサードリンク

関連コンテンツ

お役に立てたら、応援・シェアしていただけると嬉しいです!

2 件のコメント

  • あきんこ様、こんにちは。

    120万円を35年間、4%複利で運用、してその心は⁉

    過去記事にインデックスファンドの積み立てに関する記事もありましたが、NISA、IDEKO、来年から始まる積み立てNISAなども使って、あきんこ様ならどんなポートフォリオやアセットアロケーションをお考えでしょうか?

    若い読者の方々には特に、参考になると思いますので、気が向いた時にでも追加記事を期待したいです。
    (勝手に期待すんな❗←自分ツッコミ)

    • マッキーさん、いつもコメント&鋭い突っ込みありがとうございますヽ(^o^)丿

      4%の根拠は私の始めたばかりのインデックスの実績と、周りの投資家さんブロガーを見てというばっくりな感じでした笑

      ポートフォリオなども、書いていきたいと思ってるのですが、ガッツリ時間をかけたいなと思ってる内容なので、ちょい気長にお待ちください笑

      本当にいつもありがとうございます(〃’▽’〃)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。