Kindleとタブレットで読書するのは何が違うの?購入して分かった人気の理由

 

先日、Amazonのセールがあり、「Kindle paperwhite」購入しました。

 

あきんこ
ボーナス月ということもあり、お小遣いUPしたので思わず買ってしまいましたー♪ 

 

ぴよぽん
衝動買いやっちゃったね! 

 

あきんこ
自分のお小遣いの範囲だと罪悪感がない笑 

 

あきんこ
それでは購入した感想言ってみます!! 

そもそも「Kindle paperwhite」って何?

 

あきんこ
Kindle、Kindleってよく聞くけど何?! 

 

って方いますよね。私もあまり詳しく知りませんでしたが、

Amazonが販売する電子書籍リーダー(電子ブックリーダー)のことです。

 

電子書籍リーダーとは?
電子書籍を読む専用の端末、またはソフトウェアのことです。

有名なところで言うと、

  • Amazon社による「Amazon Kindle」
  • ソニー製の「ソニー・リーダー」
  • シャープ製の「GALAPAGOS」
  • 楽天が発売する「kobo」
  • BookLive社が開発して三省堂書店など全国の書店で発売される「BookLive Lideo(リディオ)」

などがあります。

 

あきんこ
沢山あるねぇ~!!

 

電子書籍リーダーの専用端末にすると販売先が限定される!?

 

各社がなぜこぞって、電子書籍を使うしか使い道のない端末を発売しているかというと、専用端末にすれば販売先が限定されて、確実に消費者の囲い込みができるからです。

例えば、Kindleであれば、Amazonからでしか電子書籍を購入できませんし、koboであれば、楽天からでしか購入できないからです。

 

ぴよぽん
電子書籍を読むしか用途がないから、各社、専用端末での読みやすさ、使いやすさにこだわっているんだね!

 

あきんこ
でも、タブレットだったらアプリをそれぞれ落とせばいいから、販売先が限定されずに好きな会社から本を買えるね!

 

Kindle購入前はタブレットで読書していた

 

紙の本も読みますが、私はもっぱら電子書籍ユーザーです。

 

部屋が狭いので、本を置くスペースは限られているし、

電子書籍だとメモとかハイライトでマーカーつけたり、検索できたりと使い勝手が良いからです。

▼狭い部屋の便利さ・快適さについて書いています。

1LDKの狭い部屋だと片付け楽チン♪共働きDINKSだと狭くて充分!~ミニマムリストの道~

2017.03.23

 

今までタブレットでも問題なく使えていたので、周りの人がKindleを推す理由が正直よくわかっていませんでした。

 

あきんこ
Kindleとタブレットって何が違うの??? 

 

それでは、Kindleを購入して分かったタブレットとの違いについて書いてみます!

 

Kindleの電子書籍リーダーがタブレットと違う点

軽い!薄い!持ち運びしやすいサイズ感

 

私が使っていたタブレットはGalaxyですが、通常のタブレットなので、本を読む用のサイズにはなっていません。

 

なので、タブレットだと本を長時間読むには少し重かったり、片手で持ちにくく、ページもめくりにくかったです。

 

ただ、Kindleは本を読む専用に作られているので、女性でもすごく持ちやすく軽くて薄い

 

あきんこ
長時間読書が苦になりません!! 

 

ぴよぽん
これでいつでも手軽に読書ができるね♪ 

 

起動が早いし、動きが軽い!

 

結構気に入っているのが、起動が早いことです。

タブレットの時は、電源をオンにして起動するのにかかる時間が、15~30秒くらいはかかっていました。

 

あきんこ
早く本が読みたいのに~!! 

 

ぴよぽん
落ち着けって 

 

だけど、Kindleは、よくわからないのですが、起動というものがないです。

画面をオフにしてもオシャレな画像が出てきているし、

 

オフモード

あきんこ
これ、本当に電源オフなの? えい!えい! 

 

と何回電源ボタンを押しても、このオシャレ画像なので、

 

あきんこ
これで電源が落ちているんだ~!!

 

とビックリしました。

 

 

本のダウンロードが早いし、ストアが使いやすい

 

タブレットから本をダウンロードするのは、なぜかすごく遅くて時間がかかっていました

(本にもよるのですが、3分~5分ほど・・・)

そして、本を選ぶのにストアにいくのですが、タブレットの場合、WEBブラウザで
アクセスして購入するので、

 

あきんこ
うーん、なんか見にくい・・・本も探しにくい・・・ 

 

という感じでした。

 

でも、Kindle専用端末の場合、ストアのボタンが設置されていて、サクッと行くことができ、見やすいレイアウトになっているので、サクサクと購入することができました。

 

販売先が限定されているというデメリットがあると書きましたが、そもそも複数社の販売先で購入することなんて少ないと思います。

 

あきんこ
購入するのにストレスがないので、バシバシと、ダウンロードしちゃっているよ・・・

 

 

目が疲れにくい

 

噂には聞いていましたが、Kindleは、目が疲れにくいです。

タブレットと違い、ライトの光が長時間の読書仕様になっているのでしょう。

あきんこ
長時間読んでいても疲れない~楽々♪

 

そして、なんかオシャレ・・・

 

画面がいちいちオシャレな画像なんです。
しかもランダムなので、その時々によって出てくる画像が違う。

あきんこ
電源ボタン押すとこんな感じです。 

 

sdr

薄いし、なんかこれで本を読んでいると、カッコいい気がします。

 

Kindleを購入するなら、「Kindle Unnlimited」が断然オススメ!!

 

Kindle購入決めたならば、同時に「Kindle Unnlimited」に入ることをお勧めです。

 

月額980円(税込)となりますが、和書12万冊以上、洋書120万冊以上のKindle電子書籍が読み放題になるサービスです。

ビジネス書であれば、1冊で元が取れてしまう価格です。

 

あきんこ
そして、お金を払えば元を取らないと精神が働き、沢山本を読むようになります!

 

私の場合は、気になる本を片っ端からダウンロードして、本によっては、ジックリ読むのと、サクサクとネットのブログを読み漁る感覚で軽く読む本と、あります。

ただ、内容的には、薄い本もあったりするので、そこは読み放題だから仕方ないという割り切りも必要です。

 

まとめ

「Kindle paperwhite」を購入して満足度は高いです。

読書が好きではない方もこれを機にいつでも、気軽に読書できるようになるので、購入して損はないと思います。

あきんこ
今では、寝るときも、お出かけする時も、家でぐぅたらする時も、お風呂入る時も、いつも一緒のアイテムです♪

 

 

▼難しい本が苦手~という方にはオススメの読書法です
▼自分への投資として読書を意識しているという記事です
▼私の友人で世界に旅しながらKindleの電子書籍書いています

スポンサードリンク

関連コンテンツ

お役に立てたら、応援・シェアしていただけると嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。