起業家は意外と低学歴に多い?コンプレックスは人間にとって大きな原動力となる

コンプレックスは大なり小なり、誰でももっていると思います。

でも、コンプレックスが大きい人って大きなエネルギーを持っていることが多いです。

 

大きなコンプレックスを持った人間は、見返したいという想いが強い!私の周りの起業家のケース

 

私の通っていた学校は、偏差値がお世辞にも良いと言えない学校でした。

でも、その学校の友人たちは、起業している人が多いです。

 

私は側で起業していった友人たちを見ていたので、昔から思っていたことが改めて社会人になってから、確信に変わりました

 

それは、事業などを起業していたり、成功している友人は、もれなくみんな大きいコンプレックスを抱えていたことです。

中でも大きいのが、学歴コンプレックスでした。

 

その友人たちの親・親戚は、医者や、大手企業の社長、経営者が多く、学歴も東大だったりと日本の中でもトップでした。

 

ただ、当の本人たちは、特別な才能もなく、学歴も平凡という親・親戚と比べるとコンプレックスを大きく感じる立場にいる人が多かったです。

 

その友人たちは、最初は、一般企業に勤めるものの、

 

「自分はまだまだこんなものではない!!」

 

と会社を辞め、今、立派にお店を構えていたり、会社を起業しています。

 

友人たちにとって、学歴というコンプレックスがあるため、大手企業で経営者になることは、確率的に厳しいことが分かっているため、

それを糧に自分で会社を切り開くオーナーという道を選んだのかなと思います。

 

コンプレックスって悪いものではない。世間一般的にも経営者はコンプレックスを持っている人が多い

コンプレックスをもっていることによって、成功している経営者は沢山います。

 

コンプレックスがあるだろう経営者をあげてみます。

GMO 熊谷正寿社長

高校中退の中卒です。就職がうまくいかない状態で、独立。
大企業へと成長させる経営者となりました。

 

セプテーニ佐藤光紀社長

小さい時から、学校になじめないと、周りに合わせなければといういうコンプレックスだったと言います。

そのコンプレックスが引きかねになって、自分の中の抑圧されたものを開放されたと本人は言っています。

 

ソフトバンク 孫正義社長

自他ともに認める、チビデブハゲというルックスと、在日韓国人ということもあり、周りから理不尽な差別を受けてきたであろう孫さんです。

メンタルが強靭で会社を巨大にした成功者です。

 

コンプレックスは人を強くする

 

私の身近な友人たちから、日本の大手企業の社長さんまで、程度は違えど、コンプレックスは人を強くするというのを感じました。

 

確かに、原動力って今の自分から脱出したい!という想いから、突き動かされるものなのかもしれません。

あきんこ
学歴がコンプレックス故に最難関国家資格を取りたい!という人もいました。

 

ぴよぽん
あきんこも見習わないと・・・!
あきんこ
・・・

 

お金持ちになるとコンプレックスを気にしなくなってくる

起業して成功した人に話を聞くと、お金持ち=成功者ということがあってか、それまで気にしていたコンプレックスをそれほど気にしなくなったということでした。

ぴよぽん
彼らの中で、コンプレックスを抱えていた裏側は、成功者になって見返したい!という気持ちだったんだね

 

まとめ

 

あなたは、コンプレックスがありますか?

そのコンプレックスがあなたを強く動かす原動力になっているのかもしれません。

あきんこ
コンプレックスが無さすぎるのも実は問題なんだね

 

あきんこ
むむむ、自分自身との闘いか・・・

 

ぴよぽん
お金持ちは心が豊かな人が多いというのもうなずけるね!

▼7つの収入源を持つと人生が豊かになると言われています。

人生には7つの収入源(ポケット)が必要?普通のサラリーマンが収入口や収入額を増やすためには

2017.07.06

▼収入が充分にあると、余暇を楽しめます。

長期的な収入は必要!町にある昔からの小さな「たばこ屋」さんはなぜ潰れないのか?お店のおじちゃんに聞いてみた。

2017.05.16

スポンサードリンク

関連コンテンツ

お役に立てたら、応援・シェアしていただけると嬉しいです!

2 件のコメント

  • いつも楽しく読ませていただいています.

    そうですね.
    ロバート・キヨサキ氏の『金持ち父さん 貧乏父さん』でも,高学歴でいくつかの学位を有していても,常に経済的に困窮している貧乏父さんについて書かれています.
    また,トマス・スタンリー博士の『となりの億万長者』にも同様の高学歴・高所得でも資産のない人々についての記載があります.
    ファイナンシャルリテラシーは,その重要性の割に学校も親も教えてくれないという現状をキヨサキ氏も憂えていますね.

    一方で,大江英樹氏は著書『お金の増やし方・守り方』の中で,金融教育よりも社会保障教育が大切と書かれていますが,これも一理あると思いました.

    • よっちゃんいかさん、コメントありがとうございます!!(゚∀゚ゞ)

      学歴とファイナンシャルリテラシーは、イコールじゃないんですよね(>_<) 学校で教えないからこそ、自分で調べて身に付けなきゃですね今はネットがあるので、調べるのも簡単だし、いい時代になりましたね✨

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。