【世帯年収公開】H29年の家計簿の収入・費用・投資・貯金の年間計画と考え方について~貯蓄率4割!?~

こんにちは、あきんこです。

今回は、あきんこ家の世帯年収をそれぞれご紹介します。そして、平成29年度の収支計画と考え方についてまとめました。

 

確定申告無事終わりましたね。
やっと落ち着いてきたので、ここで、平成29年の家計簿の計画を立てました!

あきんこ
遅いという突っ込みは受付ません!笑

 

ぴよぽん
・・・

 

1.収入の計画

 

平成28年の我が家の会社員給料の世帯年収

 

平成28年のサラリーマン年収の額面:夫690万+私620万で、合計1,310万円でした。

 

しかし、家計簿の計画は手取りでやらないと意味がないため、
源泉徴収票から、手取り額を計算しました。

 

計算方法:①支払金額-②源泉徴収税額-③社会保険料等の金額

 

手取り:夫560万+私520万で、合計1,080万円でした。

 

あきんこ
230万も差し引かれるのね~、衝撃・・・

額面から手取りを見ると、かなり少なく感じてしまいます。。。

さて、源泉徴収票からの手取り額でしたが、
ここから、一般・住宅財形が自動引き落としなので、10-15%程度差し引かれます。

 

あきんこ
財形は無きものとして考えます~

 

平成29年の収入の計画については、残業等の不安定要素もあるため、
我が家では、固く見て、787万円の計画で算出することにしました。

 

(半端なのは、月々で多少変動を入れて計画立てたからです。
前年の約70%の手取りで算出しています)

 

ぴよぽん
残業をあてにした計画はやめよう!
ポイント

ポイント①必ず手取りで計画する(財形などは、計画に入れない)
ポイント②残業などの変動要素は入れない

 

2.費用の計画

 

固定費

ここでは、家賃、お小遣い、光熱費、電気、携帯、ネットを入れてます。
固定費なので、過去実績のざっくり平均値の額で設定しました。

ここについては、あまり金額の増減について
考える部分ではないと思っているので、あまり力を入れないでいきます。

※もちろん家賃と通信料については、安くできる余地があれば、
その検討は必要だと思います。

 

あきんこ
我が家は2人とも格安携帯

 

ぴよぽん
家賃は今後は見直す必要が出てきそうだね!

 

あきんこ
うん・・・ただ取りあえずは予定ないので据え置きで~

 

変動費

 

ここでは、会社での昼代と家での食費、交通費、外食、雑費、美容・衣類費
いれています。

これは、達成が難しくない現実的な額程度に設定します。
衣類費は、年額トータルで考えればいいと思っているので、年間予算を立てて、
月を割り戻しています。

 

あきんこ
ここの設定の仕方って難しいよねぇ~

 

特別費

 

ここでは、旅行費、役所関係の手続き(免許証やパスポート等の更新等)、など、
特別に発生したものを入れています。

ただ、ここの項目には、年間の始めに発生すると分かっている項目は、
基本ないので、計画には入れません。

 

旅費は、積立額でどこに行こうか考えればいいので、
費用の計画には立てませんでした。

ポイント

ポイント③費用の計画はストレスになってはいけないので、無理のない額を設定
ポイント④固定費、変動費、特別費と項目を分けることにより、分析がしやすい

 

3.投資の計画

 

 

インデックス投資などを毎月積み立てる、または購入する費用です。

不動産投資は、ここの家計とは別で収支を考えます。

 

あきんこ
本当は、貯蓄額分をこっちに少し移行したいとも考えているが、とりあえずは現状のままで

 

4.貯蓄の計画

 

ここには、収支と費用と投資を差し引いた貯蓄の額になります。

旅行積立、繰上貯金、一般貯金と目的別に貯蓄項目を分けています。
私の場合、旅行が夫婦共通の趣味なため、
旅行積立を毎月5万円ほど行います。

 

ぴよぽん
高!!!

 

あきんこ
旅行って、お金かかるね・・・苦笑

 

また、不動産投資の完済するために繰上返済をするため、目標額を設定しています。(目安1年間で200万円)

 

 

あきんこ
今度、不動産投資の完済計画も載せていこうと思います!

 

そして、最後に何かあった際の貯金を「一般貯金」と別で分けています。

あきんこ
何かあった場合は「一般貯金」でやりくり

 

ポイント
ポイント⑤貯蓄は、目的別に分けた貯蓄項目を設定

 

5.我が家の平成29年の家計簿計画(年間)

 

では、上記の考え方を基にした我が家の計画の実態をのせます。

 

収入:787.0万円 ※財形を引いた振込金額

費用:362.4万円 ※費用の割合46%
(内訳)

【固定費】
・家賃   147万
・お小遣い 84万円
・光熱費・通信費 18万円

【変動費】
・昼代 12万
・食費 300万
・交通費 12万
・外食 24万
・雑費 18万
・美容・衣類 13万

【特別費】
・0

投資:36万 ※投資の割合4.6%

貯蓄:388万 ※貯蓄の割合49.4%
(内訳)
・旅行積立 80万  ※10.2%
・繰上貯金 208万  ※26.4%
・一般貯金 100万  ※12.8%

 

 

 

あきんこ
まぁ。こんなに貯金できたらすごいよね!とりあえず様子見してみよう。

 

6.まとめ

 

特別費が計画されていないので、実際は、貯蓄率は下がると思います。

ただ、1年間の計画を立てることによって、どのくらいの費用が使えて、どのくらいの貯蓄ができるのかの安心にもなりました。

旅行費抜きでの計画をみると、費用率46%で、投資・貯蓄率54%までもっていくことになりますが、実際は、人生を楽しむ為に旅行とかするので、それを差し引いた本当の投資・貯蓄率となると、39.2%になると思います。

また、計画は作ることが目標ではなく、毎月の実績と比べてどうだったかを分析して、良くしていきたいです♪

 

あきんこ
お金の使い方は、メリハリをつけて♪

 

 

スポンサードリンク

関連コンテンツ

お役に立てたら、応援・シェアしていただけると嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。