H29.1月のDINKSの家計簿

こんにちは、あきんこです。

今回は、1月の家計簿を公開いたします!

 

1月の収支

収入 89.5万円

費用 32.7万円

積立投資 3万円

手残り 53.8万円

収入については、時間外・休日出勤もあった影響でいつもより多めです。




 

費用内訳

通常費

・家賃 12万円

・小遣い 7万円

・水道 ―(2か月に1度なため無)

・ガス 0.4万円(対前月比+0.1万円)

・電気 0.6万円(対前月比+0.2万円)

・携帯代 0.6万円(対前月比+0.2万円)

・通信費 0.2万円

・生活費 11.9万円

 

特別費

・無し

 

 

 

費用分析

細かく見てみます。

 

光熱費について

12月と比べると各々1000円程度ですが、上がっております。

冬は、多少上がってしまうのは仕方ないのかもしれません。

 

生活費について

 

(内訳)

・お昼 0.9円

・食費 3.1万円

・交通費 1.2万円

・外食費 4.7万円

・雑費 1.7万円

 

こうやって項目を見てみると、外食費が目立ちますね。

これは、共通の友人との飲み代が大部分だったので、致し方ないですね。

 

あとは、食費が12月より増えているように思えるのは、12月は、お互い個々での忘年会が多かったため、家でご飯を食べなかったのですが、1月は家で食べることが多かったからです。

 

交通費も多いのは、レンタカーを2回ほどちょい乗りで使ったためです。

あと、時間外で深夜残業だったので、タクシーなども利用してしまいました。。。

 

特別費について

特別費については、旅費等が発生しなかったので、無しです。

冠婚葬祭もありませんでした。

(ちなみに2月は旅行が立て続けで入っております)

 

総評

一番の良かったところは、

あきんこ
貯蓄率60%だったこと!

 

でも費用だけでみると生活費については、当初計画が8万に対して、11.9万円かなりのオーバーでした。

計画の立て方って難しいですね。

私的には、時間外などでタクシーや外食費などかさんでしまったけど、収入増で補えたので、問題ない費用としてみることにしています。

収入が一時的に多く入る月は、その生活レベルにならないようにしなければなりませんが、(時間外無しの給料水準で考える)そこは、大丈夫だったかなと。

 

それにしても、お金っていくらあっても、いくら貯金しても満足にならないから不思議ですよね。。。

ぴよぽん
一生のテーマですな

 

最後までブログ読んでいただき、ありがとうございました!

スポンサードリンク

お役に立てたら、応援・シェアしていただけると嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。