人生に3度ある「お金の貯め時」の時期を意識して貯蓄することで将来が変わってくる

人生における3度ある「お金の貯め時」って分かりますか?

貯め時をしっかり意識して貯蓄することで、将来の取れる選択肢が変わってきます。

 

今回は、そんな「お金の貯め時」について一緒に考えていきたいと思います。

人生に3度ある「お金の貯め時」とは?

 

1.独身時代(結婚前)

まずは、結婚前の独身時代です。

この時は、自分に遣えるお金も多いですが、逆に無駄な浪費は落として、貯蓄できる時期でもあります。

 

一人暮らしは経験のために一度はした方が良いですが、実家暮らしができるのであれば貯蓄が圧倒的に有利になります。

私の場合は、2年だけ経験のために一人暮らしをした以外の期間は、実家暮らしで実家にお金を入れつつ貯蓄しました。

夫の方も、一人暮らしはしていたものの、物欲があまり無いタイプだったので、お金は自然に貯まっていました。

 

私は、独身時代、節約は苦手でお金があればあるだけ旅行や飲み会にお金を遣っていましたが、結婚式や新生活の準備費用に困らなかったのは、何があっても財形貯蓄を止めずに貯め続けたお陰だと後々振り返って実感しています。

これは新社会人になった時から少額でも良いから貯蓄する癖をつけるためにやることを強くオススメします。

あきんこ
私のように意志が弱い人は特に絶対やっておいた方が良いですね!

 

この時期に貯めておくと、安心して結婚にも踏み切る余裕が出てきます。

余裕があれば、投資も経験の為に始めてみると、お金の価値観が変わってくると思います。

貯蓄率は、1割~3割程度を目指したいですね。

私の場合は、財形貯蓄で強制的に1~2割程度貯蓄にまわしていました。

あきんこ
結婚するとき、貯蓄がある程度あったから自分がやりたいことを思いっきりできたな
ぴよぽん
ハネムーンに盛大にお金を遣ったあきんこ・・・

お金がない若者にオススメな手持ち50万円から始める投資手法とは?

2017.09.28

 

2.DINKS時代(結婚後~子供がいない時期)

2回目のお金の貯め時は、DINKS時代である結婚してから子供がいない時期です。

DINKSとは?
Double Income NKids(2収入、子供なし)の略です。

もともとは、事情があり子供がいない夫婦のことを言うのですが、ここでは広い意味で「子供がいない」夫婦のことを言っています。 

 

子供がいない時期でなおかつダブルインカムであれば、自然に貯蓄ができます。

独身時代よりも一番貯めやすい時期だと思います。

貯蓄率は、2割~4割程度を目指したいですね。

現在の私がこのDINKSに当てはまります。

固定費を減らしてから4割~7割程度貯蓄することができています。

4大固定費の削減を実施!我が家の大きい固定費をほぼ0円に近づけたら精神的に余裕が持てるようになった

2018.03.24

 

この時代に、可能な限り貯蓄することで、まだ分からぬ将来の出産や子供の教育費、マイホームの頭金等の余裕資金ができ、楽になります。

衝撃!年金がもらえない生活をしている人がいた!!年金が入ってこないって恐ろしい・・・

2017.04.15

 

また、子供を産まなかったとしてもアーリーリタイアを視野に入れる選択肢や、老後の資金準備ができるようになります。

早期リタイアした方に聞いた「アーリーリタイアしない方がいい人」とは?

2017.07.15

3.子供巣立ち時期(子供の独立~退職まで)

3つ目の最後の時期は、子供が巣立ち退職するまでの時期です。

ようやく、教育費の支出もなくなり、DINKS時代のように二人暮らしに戻るため、お金が貯めやすくなります。

また、DINKSの時と違い、年収も上がっている場合は、かなりの余裕もでてきます。

この時期が現実的な老後資金の貯め時ということになるかと思います。

 

お金の貯め時の時期は意外と短い・・・

改めて整理してみると、

  • 社会人生活 ー 子供の独立する歳 =貯め時の年数

 

となり、仮に大学卒・60歳退職の場合で考えると、

  • 社会人生活(22歳~60歳=38年)
  • 子供の独立する歳(大学までの22年間+子供の年が離れる年数分)

 

単純計算すると貯め時の年数は、

  • 子供1人:16年
  • 子供2人:13年(3つ差の場合)

 

このうち、入社後3年間は貯蓄も難しいとなると、

だいたい10年間~13年間の期間が現実的な貯め時でしょうか。

 

お金の貯め時の時期は短いですね。

 

もちろん子供がいる時期でも貯蓄できている家庭もありますが、余裕ができるという意味では人生に3度のタイミングになりますね。

 

貯め時にはしっかり貯めて必要な時にしっかりお金を遣えるようにしたい

私は親から独身時代の時に口酸っぱく「貯められる時だからしっかり貯めた方が良いよ~」と言われてきましたが、実際は独身時代は散財しまくっていました笑。

でも、結婚してからは、将来のことが近い未来のように感じて、資産形成したいと投資も取り組み始めました。

今、貯金0世帯が多いとニュースでも取り上げられていますが、この差はマネーリテラシーの差であることが大きいように感じます。

マネーリテラシーがある人とない人との差が資産の差になり、拡大していますが、今後ますますこの傾向が強くなると確信しています。

お金を遣う、貯める、増やすにメリハリをつけてバランス良く今を過ごすことが、楽しく過ごせる将来につながっていくのかなと思います。

あきんこ
お金は関係ないという人がいるけど、人生の余裕に大きく直結してくるから大事だなと!
ぴよぽん
色んな方法があるから自分に合った選択をしてみよう!

投資を始めてみるのもおすすめですね。

投資を始める前に決めておく大事な目的・金額について

2017.09.17

 

スポンサードリンク

関連コンテンツ

お役に立てたら、応援・シェアしていただけると嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。