税控除額が年間8.8万円!お得なセルフメディケーション税制とは?

こんにちは、あきんこです。

税控除でお得に節税できるシリーズ第一弾を作ってみました。

収入UPは中々難しいので、なるべく支払う費用をおとして、手取りを増やそう♪コーナーです。

まずは、今回のテーマは、『セルフメディケーション税制』についてです!

今、風邪の季節ですが、

ドラッグストアなどでお薬を購入した際のレシートを捨てるのは、

あきんこ
待ったぁ!!

 

セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)とは?

この制度、平成29年1月(今年)より開始しました!

実際に税控除の還付金が支払われるのは、平成29年分を提出した、平成30年になります。

国が「健康の維持増進、病気予防のための取組み」として、ドラッグストアなどで購入した市販薬のうち、1万2000円を超えるものを対象として、上限8万8000円を総所得金額から差引く制度です。

セルフメディケーション税制のメリットは?

つまりは、1.2万円を超えて、上限8.8万円までの金額を所得控除できるので、

支払う税金の額が減ります!!

新しくできた制度とはいえ、意外と知名度がない税制なので、うっかりレシートを捨てて税金が返ってこないという方が多くなりそうな気がします。。。

あきんこ
やっぱり情報って大事ですね

 

還付金のシミュレーション例

ちなみに、どのくらい戻ってくるかというと、課税所得によって、税金を納める額が違うので、一概には言えないのですが、

例:課税所得400万円の人が、対象医薬品を年間5万円分購入した場合

税制の控除対象額:購入分5万円-1.2万円(を超えた額が対象になる為)=3.8万円

⇒所得税7,600円が還付、住民税3,800円が減額になります!(合計14,000円税金が安くなる!)
※所得税率20%、住民税率10%で計算しています。

また、生計を1にする人も合算OKなので、配偶者やお子さんなどの親族の分も収入が大きい人にまとめると有効です♪

何の医薬品が対象!?

国では、OTC医薬品(一般用医薬品)と定めています。

OTC医薬品(一般用医薬品):薬局・薬店・ドラッグストアなどで販売されている医薬品
医療用医薬品: 主に医師が処方する医薬品

 

必要な条件とは?

あきんこ
健康に気を遣ってますよー
という証明が必要です。

具体的には、

・メタボ検診
・予防接種
・定期健診
・健康診査
・がん検診(区や市町村からくる検診等)

のうちどれか1つを受けていればOK

大抵、会社や学校で受けていたり、役所から来る検診に行ってたりすれば、条件OKです。

あきんこ
一般の企業さんであれば該当!

 

提示書類は?

確定申告の際に下記2点を提出すればOK。

1.上記の検診等を行ったことが分かる証明書

2.医薬品等を購入した証明書

①商品名
②金額
③当該商品がセルフメディケーション税制対象商品である旨
④販売店名
⑤購入日

の記載が書かれている領収書(レシートでもOK)が必要です。

該当商品だと分かるレシートの見方

レシートの場合、商品名の前に例えば「★」マークであったり、
セルフメディケーション税制対象商品である旨が記載してあります。

実際、ドラッグストアの各社の対応はバラバラなようです。

中堅ドラッグストアでは、置いてある商品名の横に「▼」マークが入っているだけで、分かりづらい。

マツモトキヨシでは、「税控除対象」という識別マークがあったり。

ちなみに各社ともレシートには対象商品の横に「★」マークがついています。

今後は、レシートをチェックしてみてください!

今まで何気なく捨てていたレシートもこれからは、「お金いくら返ってくるか!?」の目で見れるようになるハズ!

 

従来の医療費控除と併用可能!?

答えは、

あきんこ
NO!

従来の医療費控除とどちらかを選択しなければなりません!

でも、夫婦それぞれ所得税を払っていれば、
それぞれで選択してもOKです。

なので、夫は医療費控除を指定して、医療費を。

妻は、セルフメディケーション税制を選択して、医薬品購入分のレシートを提出。

など、その年の状況に合わせてでOKです♪

あきんこ
使った額に応じて使い分ければ良いから、これは嬉しい!

 

まとめ

国からのメッセージとしては、高齢化に伴う国の医療費の負担が年々膨らむ為、みんなに各自で責任もって、健康診断を受けて体調管理しろよーってことなんでしょうね。

ただ、夫婦2人暮らしだと、こんなに医薬品買うかな?という感じなので、家族とか人数が沢山いるとより効果が高いかもしれませんね♪

ちなみに、うちに夫婦は、今年、医療費で夫35万(歯医者)&私13万(歯医者)程度使っているので、医療費控除の恩恵を受けます笑。

収入をあげるのは、なかなか厳しくても、税金を払う費用の方を抑えることにより、実質手取りが増えるような感じですね♪

最後までブログを読んでいただき、ありがとうございました!!

また、引き続き、お得情報をアップしていきたいと思います♪

参考記事:厚生労働省HP

スポンサードリンク

関連コンテンツ

お役に立てたら、応援・シェアしていただけると嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。