長期投資の有力候補!「iFree S&P500インデックス」の魅力を3つあげてみた

つみたてNISAが始まり、長期運用に目を向けられる方も増えてきたと思います。

長期期間、成長するインデックスとして人気な指標に「S&P500」があります。

今回、長期投資をする上で魅力的で個人投資家に人気な「iFree S&P500インデックス」についてまとめてみました。

あきんこ
 つみたてNISAや老後資金の準備にもオススメできます!

S&P500とは?

アメリカの株式市場の動向を表す代表的な株価指数です。

  • 米国の代表的なインデックス
  • 米国投資情報会社「スタンダード&プアーズ社(S&P)」が算出
  • ニューヨーク証券取引所とNASDAQに上場している代表的な500銘柄が対象
  • アメリカの株式市場の時価総額の約80%をカバー(時価総額加重平均型株価指数)

となる株式インデックスです。

もう1つ、アメリカ株式市場の指数で有名なのがNYダウです。

NYダウは30銘柄なので、S&P500の方が500銘柄で分散効果が高いです。

ちなみに、S&P500は、投資の神として有名なバフェットが奥様へ残す

「資産の90%はS&P500、残り10%は政府短期国債に投資せよ」

という遺言が有名ですね。

 

時価総額加重平均型株価指数とは?
世界の多くの株価指数が採用する方式です。株価平均型やGDP率と異なり、時価総額の高い大型株の割合が大きくなります。 

1988年1月~2018年3月末までのS&P500の指数です。

(以下大和証券レポートより)

 

あきんこ
直近下がったけど、長い目で見るとすごい成長率だね!
ぴよぽん
だから長期保有向きなんだよね!
あきんこ
簡単には売らない握力が大事・・・むむ

iFree S&P500インデックスの概要

基本情報

項目内容
ベンチマークS&P500指数(円ベース)
購入手数料無料
信託財産留保額無料
信託報酬年率0.243%
(税抜0.225%)
設定日2017/8/31
純資産総額36億円
決算日年1回(9/7)
運用会社大和証券投資信託
あきんこ
まだ1年にも満たない若い商品で今の所、分配金の実績は無し☆

↓純資産の推移です。

ぴよぽん
純資産は設定以来少しずつ上がっているね! 

業種別構成

組み入れ銘柄比率TOP10

まだ生まれて間もない商品なことから、S&P500を投資対象とするETFと先物に投資を行っていますが徐々に比率が下がっており、個々の銘柄の比率が大きくなっていく見込みです。

上位にはアップル、マイクロソフト、Facebook、Amazon、バークシャー・ハサウェイ、エクソンモービル、ジョンソン&ジョンソン、JPモルガンなど、世界的に有名な企業がずらりと並んでいます。

あきんこ
少額で沢山の有名企業の株が買えるのが良いね♪

iFree S&P500インデックスの3つの魅力

魅力1 アメリカの代表指数に投資できる

S&P500というアメリカの大型株500銘柄に対して幅広く分散投資ができるインデックスを購入できます。

アメリカを代表する企業なので、概ねアメリカの株式市場を反映した指数です。

NYダウはアメリカの超大型30社のみを対象としているので、比較的狭く、S&P500の方が分散度合が高い点が安心が強いですね。

ただ、NYダウのように超大型ばかりではないため、バブル崩壊時にはダウより値崩れしやすいという過去データもおあるので、分散できるという点と、パフォーマンスが良いという点は別で考えた方が良いですね。

ちなみに、S&P500は、よくアクティブファンドの投資をしている投資家の間で自分のパフォーマンス比較に使われることが多い代表的な指数です。

あきんこ
S&P500に投資するだけでプロや個人投資家たちと一緒に競っている気分に勝手になれるね!笑
ぴよぽん
それほど影響度が大きい代表的な指数だね!

魅力2 コストが安い

同じ指数に投資している投資信託と比べると、「iFree S&P500インデックス」のコストの安さが分かります。

  • iFree S&P500インデックス:0.225%(税抜)
  • i-mizuho米国株式インデックス:信託報酬0.5%(税抜)

 

ちなみにETFは運用コストが激安ですが、ある程度まとまった金額でないと買いにくいですね。

 

魅力3 気軽にS&P500に投資できる

ETFではない低コストの投資信託を選ぶメリットとしては、

  • 100円から投資できる
  • 日本円で購入できる
  • ノーロード(購入手数料無料)

 

です。ETFだと手が出しにくかった方でも、投資信託なら日本の証券会社で購入できるし、手が届きやすくなったと思います。

あきんこ
投資が趣味じゃない人にとって、手軽というのは良いね♪

S&P500の買い方としては、

  • 投資信託→i-mizuho米国株式インデックス、iFree S&P500インデックス
  • 米国ETF→米国上場ETFであるSPY・IVV・VOO

→IVVとVOOは経費率0.04%

  • 国内ETF→上場S&P500米国株(1547)、SPDR S&P500ETF(1557)

の3つが主にあります。

ETFの方が投資信託よりも割安で買えますが、国内ETFの手数料は最低でも0.0945%となり円での買い付けとなります。

日本でコストが安い米国ETFを直接買い付けすると、外国二重課税が発生します。

外国源泉徴収課税を戻すこともできますが、手間がかかったり、少なからず税金は発生します。

 投資信託米国ETF
(IVV、VOO)
運用コスト0.24%0.04%
売買手数料0円~5ドル~20ドル
分配金の課税米国で10%課税
分配金は自動的に再投資され、売却時まで非課税
米国で10%課税後、国内で20%課税
(米国での課税分は、外国税額控除で全額戻る)

なので、信託報酬が発生しても手間をかけたくない、細かいことを気にしたくないという人にはETFよりも投資信託の方が買いやすいですね。

あきんこ
低コストの投資信託が出てきて、投資信託でも十分な環境になってきたね
ぴよぽん
投資信託は庶民向けでもあるね!

証券口座を開くなら私もメインで使っているコスト安を追求している会社なSBI証券がオススメですね。

 

 

スポンサードリンク

関連コンテンツ

お役に立てたら、応援・シェアしていただけると嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。