マンション空室率を0%に近づける2つのコツ

今回は、不動産投資をやる上で重要な『マンション空室率を0%に近づけるコツ』についてです。

 

私はまだ、不動産投資をして2年目ですが、実体験に基づいた内容を参考にお伝えさせていただきます。

 

現時点での私のマンション投資の空室率は?

昨年築浅物件のマンション4戸を所有したばかりなのですが、
我が家のマンション投資の空室率は、
空室率0%、稼動率100%です。

(私が所有する前の過去の状況も確認し、空室率がほぼ発生していないことをチェックしていますが、今後はもう少し下がるかもです)
下記が私が東京23区内に所有する物件の居住者状況です。

①「江東区」マンション→新築時から8年同じ人が住んでいる。今回、また契約更新。40代男性会社員 ※会社との契約

②「渋谷区」マンション→前オーナーからの引渡し時がちょうど前の居住者が切り替わるタイミングでしたが、入居者募集広告を出して、1日目で問合せがきて、3日目には契約完了。契約終了後、引渡しだった為、空室0%で稼動。40代男性会社員 ※会社との契約

③「港区」マンション→引渡し時から居住中。男性会社員。※会社との契約

④「世田谷区」マンション→引渡し時から住んでいる。新築時から住んでいる模様。男性会社員。※会社との契約
どのマンションも主要駅から徒歩7分以内。一番近いのだと30秒程です。(駅直結レベル)

また、会社との法人契約が多いのが特徴です。

東京って、高い賃料なので、会社が借り上げして一部を本人が自己負担しているケースが多いようですね。
法人契約だとと、変な居住者もそうそういないし、とりっぱぐれもなく安心安心。
入居者層の質が高いのが(都内)マンション投資の良いところです。

空室率0%に近づけるコツ

4つ所有する物件、全てに共通することをあげてみました。

①絶対駅近物件!(徒歩7分以内がマスト!)

近い場所がなぜ良いかというと、周辺物件で近場のライバルが少なくなるからです。

例えば、

1分以内→空室物件数10件
3分以内→空室物件数70件
7分以内→空室物件数132件
10分以内→空室物件数248件
15分以内→空室物件数412件
※H28.12現在 ホームズ「世田谷区」周辺物件での検索数を使用

許容して10分以内ですが、稼動率のことを考えると、やっぱり、7分以内、欲を言えば、3分以内が良いですね。

②同じマンションの他の部屋よりも家賃設定が低い

不動産の利回りの計算方法は、

『表面利回り=年間満室の賃料÷不動産購入価格』で計算します。

表面利回りを一定値確保しないと購入者が現れないので、どうしても賃料によって、不動産購入価格に影響が出てきます。

賃料が低い方が、不動産購入価格を安くする交渉がしやすいという買い取り側にメリットを生みます。

私は、購入する際、全マンション、他の相場も全て調べた上で、再安値の価格で交渉し、購入できたのですが、その大きな理由が家賃が同じマンションの他の部屋よりも安かったということがあげられます。(今は、ネットですぐに売買価格を調べられるので、便利な世の中ですよね)

 

これが、運営すると、定着率にも影響してくることが分かりました。

周りの部屋よりも少し気持ち低く家賃設定すると定着率が良くなります。(もちろん個々の都合もあるので、一概には言えませんが)

私の保有している区分マンションは、同じマンションの部屋と比べるると家賃が低い方です。

1-2万ほど他の部屋の方が家賃高いということもあります。

インフレになると、周りの家賃相場はあがるのですが、私の所有するマンションは、ほぼ当時新築時に家賃設定していた価格のままで、現状維持の価格設定だからです。

インフレの時代の今、この不動産の家賃が上がっている状況というのが、本当にありがたいですね。
あとは、管理状況など色々な空室対策はありますが、まず不動産投資を1年間していて感じるコツを2点を挙げさせていただきました。

あくまで実体験を基にした話なのでご参考までに!

スポンサードリンク

お役に立てたら、応援・シェアしていただけると嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。