初めての米国ETF購入!*ETFを購入した理由と選んだ銘柄は?

こんにちは、あきんこ(@AKI2016free)です。

最近、興味を持っていた、海外ETF、ついに初購入しました。

今回は、購入した理由と手順について書いていきます。

そもそもETF(上場投資信託)とは?

 

ETFは、“Exchange Traded Funds”の略で、「上場投資信託」という意味です。

 

ETFとは、特定の指数の動きに連動する運用を目指した投資信託です。

 

指数は株式の他に、債券、REIT、通貨、商品の指数があります。

投資先も日本だけでなく、海外もあり、幅広い国や地域をカバーできるようになりました。

 

あきんこ
なんか、投資信託と似ているな・・・

 

投資信託と大きく違うポイントは、ETFは、株と同じように1つの銘柄として株式市場に上場しているので、株と同様、販売会社が存在しないという状態です。

 

なので、販売会社が間にいない分、販売会社の運用費が発生しないため、運用費(信託報酬)が低コストということになります。

あきんこ
この辺りの違いについては、また別途記事にします!

 

ETFを購入を決めた理由

流動性の高い金融商品でより安価に資産運用したい

 

私は不動産投資をしていますが、それと組み合わせて、すぐに現金化できる流動性の高い金融商品での運用資産をしていきたいと考えて今までインデックス投資を選択していました。

 

投資信託については世界経済インデックス投資(株式シフト)を毎月3万円、自動積立をしています。

 

バランス型の投資信託の醍醐味は、少額から毎月自動的に積み立ててくれ、リバランスをしなくていいところにあると思っています。

 

あきんこ
ほったらかし状態で、ほぼ何もしていません。

 

ぴよぽん
忘れん坊のあきんこには、ちょうどいいね!

 

ただ、投資信託に慣れるうちに、ちょこっとずつ他の投資も知るようになり、運営コストが圧倒的に安いETFに魅力を感じるようになりました。

 

海外、特にアメリカの株に興味を持っていたこともあり、海外ETFはすごく気になっていた商品の1つでした。

 

ETFは、自分で都度購入しなきゃいけないし、手間がかかるし、どの銘柄に投資しようかなど自分なりに調べてみましたが、結局、

 

あきんこ
やってみないことには始まらない!

 

ということで、今回、海外ETFのVTIの購入に踏み切りました。

 

ぴよぽん
初めての体験だね!

 

あきんこ
ドキドキ・・・

 

VTI(バンガード・トータル・ストック・マーケットETF)に投資した理由

 

今回、私は多数ある海外ETFの中で、VTIを購入した理由を書きます。

 

超初心者なのでまずはアメリカの全体のマーケットに投資したい

 

VTI(バンガード・トータル・ストック・マーケットETF)の目指すベンチマークは、「CRSP USトータルマーケットインデックス」です。

 

CRSP USトータルマーケット・インデックスとは?

アメリカの株式市場に上場している大・中・小型の株式で、約4,000銘柄からつくられている株価指数となります。

 

このベンチマークである、CRSP USトータルマーケット・インデックスは、米国株式市場のほぼ100%をカバーしていて、これ1本でアメリカ企業の大型株・中型株・小型株の多くの株に投資することができるETFになります。

 

あきんこ
最近、米国株ブロガーさんのブログを読んでいて、米国に興味を持つようになりました!

 

あきんこ
ただ、私のようにまだ米国の企業はよく分からない・・・という人にはまずは米国のETFから入るのがオススメです。 

 

ぴよぽん
アメリカで有名なNYダウやS&P500は、大型・中型の株式で小型までは含まないよ!

 

あきんこ
ちなみにVTIとVTは似ているので、間違えやすいですが、VTはアメリカだけでなく全世界に分散投資する株式になります。 

 

ぴよぽん
あきんこ、堂々と間違ってたもんね。

 

あきんこ
・・・

 

運営コストが0.04%と最も安いETF

 

私が今回ETFに惹かれた部分でもありますが、特にVTIは、運営コスト(信託報酬)が0.04%と圧倒的に安いのが特徴です。

 

あきんこ
今やっている世界経済インデックス(株式シフト)は、信託報酬0.55%なので、よほど安いことが分かるね!

 

外貨の分散にもなる

 

普段私たちがもらっている給料は円です。

そして、使用するのに所持している通貨も円です。

円の価値が落ちてしまった時、円だけだとリスクが高いということになります。

米国株式であるVTIは米ドルで購入するので、おのずと円だけでなく、米ドルにも分散することになります。

 

あきんこ
通貨の分散も投資の基本♪

 

VTI(バンガード・トータル・ストック・マーケットETF)の情報

 

基本情報

  • 経費率:0.04%
  • 配当スケジュール:四半期毎
  • ETF純資産総額:761.96億米ドル

 

  • ファンド純資産総額:5,495.94億米ドル
  • 設定日:2001年5月24日

 

バンガードHPより

 

あきんこ
ETF純資産総額やファンド純資産総額も安心感あるね!  

 

 

保有上位10銘柄

保有上位10銘柄と純資産総額に占める割合 です。

企業名 純資産総額

に占める割合

1位 アップル 2.9%
2位 アルファベット 2.0%
3位 マイクロソフト 2.0%
4位 Amazon 1.5%
5位 エクソンモービル 1.4%
6位 ジョンソン&ジョンソン 1.4%
7位 Facebook 1.4%
8位 バークシャー・ハザウェイ 1.3%
9位 JPモルガン・チェース・アンド・カンパニー 1.3%
10位 GE(ゼネラル・エレクトリック) 1.1%

 

あきんこ
知っている企業ばかりで安心~!

 

ぴよぽん
世界的に有名な企業ばかりだね!

 

初心者が最初に投資した金額は?

 

買い付け口数は、15口。

124.4400 USD

金額は、2000米ドルでした。

約23万円分投資しました。

 

あきんこ
まずは、お試しで買ってみた感じですね。

 

 

まとめ

 

今回、投資のことなど詳しくわからない初心者向けの王道ETFを購入しました。

他にも気になっている銘柄があるので、まずは、少額規模でも気になる銘柄に投資をしつつ勉強をしていきたいと思います!

 

あきんこ
調べれば調べるほど、海外ETFに魅了されています

 

ぴよぽん
まずは取りあえず買うことが初めの一歩!

 

あきんこ
あなたも初めての米国ETF購入!

 

 

スポンサードリンク

関連コンテンツ

お役に立てたら、応援・シェアしていただけると嬉しいです!

4 件のコメント

  • あきんこ様、こんにちは。

    20代で初めて購入したETFがVTI···。筋が良すぎて開いた口が塞がりません(笑)

    日本国内では金融リテラシーの上位2%以内に入っていることは間違い無さそうですね。

    不動産投資の繰り上げ返済とペーパー·アセットの購入額のバランスが、あちらを立てればこちらが建たずで微妙ですが、まぁ長期金利次第でしょうか?

    私の娘が小学校1年生なので、大きくなったらあきんこ様に弟子入りさせて下さいd=(^o^)=b

    • マッキーさん

      いつもありがとうございます!!

      そして、すごく嬉しいです(*^^*)
      周りに沢山の投資ブロガーさんたちがいるお陰で初心者ですが、購入することができました!

      そうなんです、不動産のメリット、デメリットもあるので、それを補ってバランスよく資産運用していきたいなという気持ちがあります!

      娘さん、可愛いですよね、きっと(≧∇≦*)弟子入りなんて恐縮ですが、マッキーさんの娘さんなら堅実に投資できる知識が得られそうですね!
      今後、未来の投資家さんに有益な情報が提供できたら嬉しいです( ´艸`)

  • 何でもやってみることはいいことですよね。
    私もETFやその他もさんざんやったけど結局は投資信託に落ち着きました。

    回り道だったのか、必要なことだったのか?^^;

    • クロスパールさん、そうだったんですね!
      その経緯、知りたいです!回り道もありですよね色々、試行錯誤して、自分にあった投資法見つけたいです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。