米国株式・米国ETFの定期で自動買付が開始!メリット、デメリットとは?

2018年3月10日より、SBI証券が取り扱っている米国株式、米国ETFを自動で毎月積立買付けができるサービスが開始しました。

 

つみたてNISAの開始で楽天VTIのように、VTIのETFを投資信託で買付けできるようになりましたが、今回は、米国株やETFそのものを自動的に買付けできるという仕組みです。

米国株式・ETF定期買付サービスとは?

 

自分で銘柄・金額をSBI証券からインターネットで設定すると、定期的に単元株を自動的に買付けしてくれるサービスです。

米ドルでも、日本円でも購入ができます。

米国株式、米国ETFの場合は、1株1口単位での買付けになるので、1口に満たない端数が発生した場合は、買付けできないというデメリットもあります。

あきんこ
 この点は、投資信託とは違うね
ぴよぽん
 毎月1万円ピッタリという円での買い付けが難しいね!

 

米国ETFの定期買付けサービスのメリットとは?

  1. ほったらかしでも自動で積立してくれる(日付指定、曜日指定、ボーナス月指定)
  2. ドルコスト平均法での投資が可能
  3. NISA口座で対応可能
  4. SBI証券で取り扱う全米国銘柄が購入できるので、自由度が高い

 

S&P500を決まった額で毎月買い付けしているという人にとっては、ほったらかしで買い付けしてくれるのは楽チンですね。

 

あきんこ
 投資信託のようなノリでほったらかしで投資できる♪

 

米国ETFの定期買付けサービスのデメリットとは?

でも、気をつけたほうが良いことがあります。

  1. 小額な金額設定だと買う手数料が割高となってしまう
  2. 成行注文のみでしか購入できない

 

1.小額な金額設定だと買う手数料が割高となってしまう

米国株・ETFは運用コストが安いのですが、売買手数料が割高です。

この「手数料負けしないETFを購入する最低金額の目安は?投資信託との比較で考える」記事でも書いたとおり、少なくとも20~30万円程度のまとまった金額で買い付けするのが手数料1%以下におさえれるのでオススメです。

そうなると、毎月20~30万円の自動買い付けはハードルが上がります。

もしこの仕組みを利用するなら、

  1. ボーナスなどまとまった額を投資できる月での買付設定
  2. NISAでの活用

にして、手数料が割高にならない工夫もできます。

あきんこ
 子供がいたら、S&P500のETFをジュニアNISA口座で自動積立してても良いかも~

手数料負けしないETFを購入する最低金額の目安は?投資信託との比較で考える

2017.12.17

 

2.成行注文のみでしか購入できない

自動積立となってしまうので、指値はできず、「成行」注文なのは仕方ないですね。

そもそも、ほったらかしのメリットとしては、相場が高いときも、低いときも、期間、額にとらわれず、コツコツ積み立てていく方法にあるので、そもそも買値を気にしなくて良いという前提になります。

SBI証券で新規の定期買付け設定方法

 

SBI証券で外国株式→取引を設定します。

預かり区分で「一般預り」「特定預り」「NISA」を選べます。

ここで日にち。曜日の設定ができます。

 

ここで「株数指定」「外貨・円貨決済」を選択できます。

 

SBI証券HPより

 

まとめ

 

どんどん便利に買い付けしやすい仕組みが出てきているので、面白いですね。

NISAとETFの自動買付けの組み合わせは、管理の面でも、コストの面でも非常に良さそうです。

 

あきんこ
 こんなに色々出てくると迷っちゃうね~

 

ぴよぽん
まだ今後も外国株が身近になりそうだね!

コストが安いと言えばのバンガード社に訪問した際の記事です。

バンガード社の投資戦略部長に聞いたおすすめのETFとコスト(信託報酬)が安い理由

2017.12.16

 

アメリカの全株式をカバーできるETFです。私の初めて購入した銘柄です。

【VTIレビュー】初めての米国ETF購入!*ETFを購入した理由と選んだ銘柄は?

2017.07.08

 

夫婦でつみたてNISAをやっています。

つみたてNISA?現行NISA?我が家の選択はこれ!夫婦で相乗効果を狙う

2017.10.29

 

スポンサードリンク

関連コンテンツ

お役に立てたら、応援・シェアしていただけると嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。